薬学部留年組の日常

関東の薬学部通っています。ストレートでいけると思いきや1度留年。現在4年生。

【留年までの道のり】2年生、留年するまで。

2年生になったマサン。

なんとかやっていた。

2年生になると授業も少しずつ専門教科が始まる。

薬理とか感染症とか。


まじ無理だった。


やる気がどんどん落ちていって、でも勉強はしなきゃいけないのはわかってて、そんな自分が嫌いになっていって、もういいやってなってまたやる気が落ちる。

負のスパイラルとはこのこと。


やる気のなさが目に見えて現れたのはやっぱり定期試験。

前期は2個落とした。

再試は11科目のうち、7科目とか。

本当に何やってんだって今はもちろん思うけど、当時はまああとひとつ落とせるし、来年取ればいいやーってなってた。

そして後期試験。


後期試験は今でも苦手。

年末年始はやる気が起きないし、2年生の時は成人式が試験の1週間くらい前にある。

大学ももう少し考慮してくれてもいいのにね。

そうして再試の数は前期と同じくらい。


やる気が起きないまま再試期間に突入し、見事に2科目落とした。


ちなみに1年の時に落としていた科目はしっかり手に入れた。

結果的に、俺は留年した。


どうだろう、意外とあっさりしていると思う。


ちなみに留年なんて他人事だ、まさか自分が、って思っている人が多いと思う。


でもマサンの学校ではだいたい5~6人に1人が留年している。


マサンはその1人になってしまった。


他人事だと思っていたのに。


留年したあとは定期試験をほかの学校の人に説明する時、


半年に1回入試がやってくるようなもの


と言っている。



そのくらい辛いよってことを覚悟して薬学部を志して欲しいなーって思います。


ではでは。